手軽にエラ張りを解消できる!ボトックス注射で憧れの小顔になろう

サイトメニュー

副作用はないの?

看護師

どっちが良い?ボトックス注射と切開手術

エラ削りの手術は、下顎角を切除して、エラの張りなくすことで小顔になれます。切開手術をすると顔が腫れるので、痛みもあります。腫れや痛みは手術をした翌日から3日程続きと言われています。1週間を過ぎたら腫れの痛みが落ち着きますが、腫れ具合によってはもっと続くこともあります。個人差はありますが、2週間程度で腫れは完全に引いてくれます。もし、手術後に感染症にかかってしまうと腫れと痛みが続くこともあります。顔の腫れがなかなか引かず、我慢できないぐらいの痛みが続くようであれば、早急に病院へ行って、診察を受けた方がいいでしょう。医師に相談したら、痛み止めの薬を処方してくれるので、痛みを緩和することができます。顔の腫れは完全回復するまでは、2週間程マスクで顔を隠して生活することになりますが、腫れが完全に引けばマスクをする必要もなくなります。エラ削りの手術をした後は必ず顔が腫れてしまいます。口の中から手術をするので、麻酔が切れると痛みを感じることもあります。しかし、ボトックス注射であれば顔が腫れることなく、自然と顔のエラを解消してくれます。ボトックスの注射は筋肉の働きを抑えることで、エラ張りを防ぐ施術方法なので、口の中や顔を傷つける心配はありません。注射を打つ場所は耳と顎の中間にある筋肉なので、万が一傷跡が残っていてもマスクではなく、メイクで隠すことができます。1週間ぐらいで傷跡も目立たなくなります。施術後に顔のつっぱりと引きつりが気になって、自然な表情を作るのが難しくなりますが、1~2週間ほどで回復することができます。人によってはボトックス注射をすることで、だるさや倦怠感などの病状が出ることもありますが、一時的な副作用なので、こちらもすぐに回復することができます。顔の筋力低下による顔のつっぱりや引きつり、倦怠感が出る副作用が出るのはめったにないことなので、大きな心配はありません。骨の出っ張りによってできたエラであれば、切開手術が良いですが、筋肉が原因でできたエラであればボトックス注射を打つだけで改善することができます。筋肉が原因によるエラ張りであれば、筋肉の凝りをほぐせば良いので、切開手術をしなくてもボトックス注射だけでも十分なのです。ボトックス注射には筋肉の働きを弱めるだけではなく、肌の引き締めも期待できるので、綺麗な小顔になれますよ。ただし、注意をしないといけないのはエラの部分をただ注射をすれば良いというわけではないのです。筋肉の使用頻度や食べ物の噛み方などは人それぞれ違いますので、当然筋肉が発達しているところも違ってきます。小顔になるためにはボトックスを注入する場所や量を見極める必要があります。副作用を引き起こさないように経験豊富な医師とカウセリングをすることは、とっても大切なことなのです。ボトックス注射後は、副作用が起きないように固い食べ物や刺激のある食べ物、長時間の入浴は控えないといけません。それはエラ削りの手術も同じです。骨格が原因ではなく、顔を傷つけずに小顔になりたい方にはエラ削りの手術ではなく、ボトックス注射を受けた方がいいでしょう。

Copyright© 2019 手軽にエラ張りを解消できる!ボトックス注射で憧れの小顔になろう All Rights Reserved.