手軽にエラ張りを解消できる!ボトックス注射で憧れの小顔になろう

サイトメニュー

施術後のアフターケア

注射器

ボトックス施術を受けた後のアフターケア

ボトックスを注入する位置や量に気をつけていたら、副作用を引き起こす心配はありません。しかし、施術後の行動によってボトックス効果が発揮されなくなったり、顔が腫れたりするなどの副作用が出ることもあります。施術後のアフターケアについては医師からも詳しく説明されますが、施術を受ける前に知っておいて損はないでしょう。
施術後に控えて欲しい行動は3つあります。1つ目はサウナに入ることです。
施術後の体温をいきなり上げてしまうと血行が良くなり、顔に腫れができやすくなります。腫れができた状態で体温を高めてしまうと痛みも強くなりますので、気をつけないといけません。入浴はしてもいいですが、長時間湯船に浸かるのはおすすめできません。シャワーを使用する際は、熱いお湯を浴びないようにしましょう。施術後の顔と体の状態などによりますがサウナは3日~1週間程は控えた方がいいでしょう。医師の判断によって期間は異なりますので、湯船につかることが多い方やサウナをよく利用する方は、施術後に期間を確認しておきましょう。2つ目はお酒を飲むことです。お酒も体温を高めてしまうので、施術後は1週間程、飲酒は控えた方がいいでしょう。施術後にお酒を飲んでしまうと顔に腫れができるだけではなく、出血も起こりやすくなります。顔全体にボトックスを注入した場合、少し筋力が弱くなっているので、顔がつっぱりや引きつりが気になることがあります。張っているエラ部分にボトックス注射をした後だと、食べ物が噛みにくくなる可能性がありますので、施術後は柔らかい物を食べるといいでしょう。3つ目はマッサージをすることです。注射を打った部位やその付近にはできるだけ、顔を強く擦らないようにしましょう。洗顔やメイクをしても問題はないのですが、できるだけ顔に刺激を与えないようにしないといけません。注入した部位にマッサージをすると成分が他の部位に拡散してしまい、効果が薄れてしまいます。注射を打ったところをマッサージしてしまうと内出血が起こる恐れがあります。ボトックス駐車のアフターケアを知っておくことで、副作用を防ぐことができます。顔に腫れができた場合、湿布や濡れたタオルで注入した部位を軽く抑えることで、数日後には腫れが引くことはありますが、できればすぐに病院へ行って、診察を受けた方が安心です。副作用が起きないようにするには、ボトックスを注入した部位に負担をかけないように行動する必要があります。施術後に顔の腫れや内出血が起こらないように、気になることがあれば施術を担当した医師に相談をしましょう。

Copyright© 2019 手軽にエラ張りを解消できる!ボトックス注射で憧れの小顔になろう All Rights Reserved.